iphone重いときの対処方

iPhoneを使っていくと、全体的に動作が遅く、鈍いといった状態が出てきます。
購入したての初期段階が、一番動きもよく快適に使えます。
色々なアプリをインストールして利用していくと、iPhoneが重く感じられてくるのです。
アプリ画面を閉じても、アプリ自体は終了してはいません。
一時停止状態や、バックグラウンドで動作をしていたりします。
終了していないアプリを確認するには、ホームボタンを続けて2度押します。
マルチタスクの画面になって、起動状態のアプリがわかります。
終了したいアプリをチェック、サムネイル画面を指で上にスライドさせると、終了させることができます。
同時に3本の指を使って、3つのアプリまで、一緒に終了させることができます。
iPhone6sを予約!失敗せずに入手するためのネット予約のコツ