志望動機はいろいろ?看護師が転職を考える時のきっかけは?

転職する際の看護師の志望動機には色々なものがあります。
例を挙げると、最先端医療や高度な医療技術の習得と現場での実践経験を積むために、より専門的な病院に転職したいなどの事例もあるでしょう。
それに、結婚、出産などによる生活環境の変化に合わせて新たな職場を探すケースも何件もあります。
看護師って医療職で手堅そうな職業ですが、けっこう大変な職の割には賃金はそれほどたいしたことはないです。
婦長クラスにまであがったらともかく、その他のほとんどは苦労に見合わない額です。
安月給でイヤになり、辞職してしまう看護師も滅多にいないわけではありません。
残業をした場合、ちゃんと残業代が出るというのは普通のことです。
ですが、看護師の場合、その時々の状況次第では残業代が出ないことがありえます。
特に転職をしてすぐで新しい医療現場に慣れていない場合には、残業を申請しにくい雰囲気があるものです。
看護師の職場での労働環境改善につなげるためにも、ちゃんと残業代が出るようにする必要があるでしょう。
やはり、看護師の仕事は、大切であり、病院、医療施設では欠かすことのできない大切な担務を背負っているといえます。
かなり責任重大な仕事ですし、夜勤というイレギュラーな勤務形態により寝る時間の少ない看護師も少なからずいます。
そのため、看護師のためにも自身の健康管理というのも重要な業務の1つになります。

看護師転職の面接でよく聞かれる質問は?NG回答を確認【失敗例とは?】